‘学習科学ワカモノ勉強会’ カテゴリー

第14回学習科学ワカモノ勉強会(日本教育工学会SIG-06「協調学習・学習科学」企画研究会共催)のお知らせ

日本教育工学会 SIG-06 協調学習・学習科学SIG企画研究会

(学習科学ワカモノ勉強会共催)のお知らせ

SIG-06「協調学習・学習科学」代表の益川です。

協調学習・学習科学SIG企画研究会を、学習科学ワカモノ勉強会との共催で2/21(土)に開催します。テーマは「学習過程と変容を分析する」です。10月11日の学習科学ワカモノ勉強会で、大田区立南六郷中学校にて、タブレット端末を活用した2年生理科「電力」の授業実践を行いました。その実践記録データを、参加者でチームに分かれて分析し、みんなで授業の効果を検証する予定です。分析の視点についても議論していきたいと思います。これらの活動を通して、これからの「新たな学び」の評価がどうあるべきか、学習履歴の蓄積と分析をどうしていくべきか、学習科学の視点を踏まえながら考えていきたいと思います。

 

テーマ:「学習過程と変容を分析する」

日時:2015年2月21日(土)13:30-17:00

会場:専修大学神田キャンパス5号館

 

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。

http://goo.gl/pw5gU

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、

キャンセルは3日前まででお願いします)。

みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

第13回学習科学ワカモノ勉強会

第13回学習科学ワカモノ勉強会のご案内

10月11日(土)に、大田区立南六郷中学校にて授業公開日に合わせて学習科学ワカモノ勉強会を開催します。前回8月の勉強会で検討した授業計画を元に、中学2年理科「電力」の授業を出口英二先生に実践していただきます。午前中、授業を参観していただいた後、午後に振り返りの会を実施します。また、次回の第14回学習科学ワカモノ勉強会では、実践記録データを元に授業を分析し、改善案を検討していく予定です。今回は、学校に導入されたばかりのタブレット端末に加え、富士通様よりタブレット端末をお借りして実践します。本勉強会で検討してきた授業実践を参観できる貴重な機会ですので、興味ある方はぜひ参加を検討してください。

 

日時:2014年10月11日(土)8:00-14:30(途中各自で昼食)

会場:大田区立南六郷中学校

http://homepage2.nifty.com/nanroku/index2.html

アクセス:京急本線 雑色駅下車 徒歩8分位

予定:午前授業公開、午後振り返り会

 

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。詳細につきましては期日が近づきましたらメール案内しますので、ご確認よろしくお願いします。

http://goo.gl/pw5gU

 

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京学芸大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(立教大)

第12回学習科学ワカモノ勉強会

第12回学習科学ワカモノ勉強会(最終報)

8月2日(土)に、専修大学神田キャンパスにて学習科学ワカモノ勉強会を開催します。今回は、富士通株式会社様のご好意により、都内の中学校に約1ヶ月間タブレット端末を貸していただけることになりました。その中学校の先生であり、また学習科学ワカモノ勉強会に参加していただいている出口先生が、これまでの学習科学ワカモノ勉強会の成果を生かした理科+ICTの授業実践を10月11日に都内の中学校で実施予定です。
8月2日は、その単元・授業案検討を参加者全員で行います。なお、第13回学習科学ワカモノ勉強会は10月11日に都内中学校で開催し、実践授業を参観する予定です。また冬には実践データを分析評価する会を企画中です。セットで参加可能でしたらぜひ参加していただきたいですが、10月11日は難しくても授業案検討のプロセスに興味があるという方でも大丈夫です。ぜひ参加をご検討下さい。
学習科学について国内で実践的に取り組む具体的な手立て(授業計画、実践、評価、コミュニティ作り)などについても議論していくことができればと思っております。年齢、職種問わず幅広い方々のご参加、お待ちしております。

日時:2014年8月2日(土)13:30-17:00
会場:専修大学神田キャンパス5号館571教室
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html#map_kanda
(今年4月に新しくできた建物です)

予定:
13:30-14:00 出口先生、単元・授業計画の紹介
14:00-15:00 授業改善案・評価方法の検討
15:15-16:15 相互発表
16:15-16:30 富士通さまからのコメント
16:30-16:45 企画者からのコメント
16:45-17:00 出口先生からのコメント

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。
http://goo.gl/pw5gU

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、
キャンセルは3日前まででお願いします)。
みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京学芸大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(立教大)

第11回学習科学ワカモノ勉強会

第11回学習科学ワカモノ勉強会のご案内

今回は「どういう学習データを集め、次の授業に活かすか」をテーマに富士通株式会社を会場に開催します。「学習科学」と呼ばれる研究分野では、認知学習を研究する人、教育を研究する人、システムを開発する人、教科教育を研究する人、授業を実践する人たちが集まって、認知学習研究の知見を基盤に、現実場面で学習の質を高めていく挑戦をしています。また最近、21世紀型スキル等の育成を視野に入れた「新たな学び」を教室で実現していく必要性が強調されています。
そのような新たな学びを実現していくには「新たな評価」の設計も求められており、「学習しながら同時に行う状況に埋め込まれた変容的な評価」の重要性も指摘されています。今回は富士通株式会社の村松祐子氏より、フューチャースクールなど国内でのタブレット端末一人一台学習環境での実践事例を紹介していただいた上で「端末上にどのような学習データを集めて利用することが、次の授業や、学習者の学びの発展に役立つか」のアイディアを、学習科学の知見を活かしながら参加者同士でつくり上げていきたいと考えています。

日時: 2014年5月24日(土)13:30-17:00

内容:
前半:富士通株式会社・村松祐子氏「実践事例の紹介」
企画者より「学習しながら同時に行う状況に埋め込まれた変容的な評価の紹介」
後半:グループに分かれて「どういう学習データを集め、加工・参照することができれば、
次の授業や次の学習者の学びに繋がるか」を議論し提案しあ

会場:富士通株式会社本社(東京・新橋/汐留)(当日のアクセスの詳細は、参加申込者に改めてメールいたします)

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。(大変申し訳ありませんが、定員に達した場合は締め切らせていただきます。先着順です。メールアドレスの記入はお間違えのないようお願いします。)
http://goo.gl/pw5gU

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京学芸大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(立教大)

第10回学習科学ワカモノ勉強会

第10回学習科学ワカモノ勉強会

今回は、「学習科学と一人一台の学習環境」をテーマにApple Japan合同会社を会場に開催します。

「学習科学」と呼ばれる研究分野では、認知学習を研究する人、教育を研究する人、システムを開発する人、教科教育を研究する人、授業を実践する人たちが集まって、認知学習研究の知見を基盤に、現実場面で学習の質を高めていく挑戦をしています。また最近は、21世紀型スキル・21世紀型能力等、21世紀を生き抜く力を育成するために、「新たな学び」を教室で実現していく必要性が強調されています。今回は「タブレット端末等の一人一台の学習環境」をキーワードに、新た学びを実現していく上でいかに子どもたちの学びのツールとして活用可能か、という点について、学習科学の知見を踏まえながら、参加者のみなさまと議論していきたいと考えています。

日時: 2013年11月9日(土)13:30-17:00

内容:

主に初等中等教育を対象に、学習科学の視点からタブレット端末等の効果的な活用方法について、これまでの研究実践等をいくつか紹介したうえで、グループに分かれて議論していきます。最終的には、学習科学の知見を反映させた活用方法について発表し合い、シェアしていく予定です。議論の際には、学習環境をデザインする上での4つの視点「学習者中心」「知識中心」「評価中心」「共同体中心」や、21世紀型スキル、協調的な知識構築・知識統合等の知見も踏まえながら検討していきたいと考えています。

会場:Apple Japan合同会社(六本木ヒルズ)(当日のアクセスの詳細は、参加申込者に改めてメールいたします)

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。(大変申し訳ありませんが、定員に達した場合は締め切らせていただきます。先着順です。メールアドレスの記入はお間違えのないようお願いします。)

http://goo.gl/pw5gU

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

 

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京学芸大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(東京大)

学習科学ワカモノ×Google Educationコラボ企画スペシャル勉強会(第9回)

ザ・夏休み!学習科学ワカモノ×Google Educationコラボ企画スペシャル勉強会(第9回)

今回は、夏休みスペシャル勉強会第2弾としまして、Googleオフィスを会場に開催します!

今回も2件を予定しています。前半は、Google Educationの菊池裕史さんの提供による「Googleが考える”未来の教育”と取り組み」です。後半は、九州工業大学の近藤秀樹さんから、文献紹介をしていただく予定です。なお、会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めの申し込みをお願いします。暑い夏休み中ですが、熱い議論を交わしましょう!

 

日時会場は以下になります。

 

日時: 2013年9月14日(土)13:30-17:30

 

内容:

前半:Google Education菊池裕史さん「Googleが考える”未来の教育”と取り組み」とディスカッション

後半:九州工業大学の近藤秀樹さんから文献紹介

 

会場:Googleオフィス(六本木ヒルズ)(当日のアクセスの詳細は、参加申込者に改めてメールいたします)

 

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。(定員に達した場合は、締め切らせていただきます。先着順です。メールアドレスの記入はお間違えのないようお願いします。)

http://goo.gl/pw5gU

 

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

 

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京未来大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(東京大)

第8回学習科学ワカモノ勉強会(ザ・夏休みスペシャル!)

第8回学習科学ワカモノ勉強会(ザ・夏休み!スペシャル勉強会)、8月10日開催です。

今回は、夏休みスペシャル勉強会第1弾としまして、国立教育政策研究所を会場に、白水始(しろうずはじめ)総括研究官をゲストにお招きして開催します。

今回も2件を予定しています。前半は、国研の白水さんの提供による「最近私が考えていること」です。学習科学、教員養成、教師教育なんかをキーワードに話題提供していただけると思います。後半は、早稲田大学の奥田さんから、文献紹介をしていただく予定です。なお、会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めの申し込みをお願いします。

暑い夏休み中ですが、熱い議論を交わしましょう!

日時会場は以下になります。

日時: 2013年8月10日(土)13:30-17:30

内容:
前半:国研の白水さんからお話「最近私が考えていること」とディスカッション
後半:早稲田大学の奥田さんから文献紹介

会場:国立教育政策研究所 第一特別会議室(中央合同庁舎第7号館東館6階)
http://www.nier.go.jp/03_laboratory/05_access.html
(休日ですので、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」11番出口からエスカレータ上がってすぐの1階入り口からお入りください。詳しい入館方法につきましては、申し込みされた参加者宛に別途メールでお送りいたします)

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。(定員に達した場合は、締め切らせていただきます。先着順です。)
http://goo.gl/pw5gU

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京未来大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(東京大)

第7回学習科学ワカモノ勉強会

第7回学習科学ワカモノ勉強会、6月8日開催です。

今回は2件を予定しています。前半は、追手門学院大学の河崎さんの提供による、Carl Bereiter名誉教授著作の翻訳内容を使ったジグソー文献読解活動を参加者全員で行います。後半は、東京大学KALSの林さんから、Chiらの文献紹介をしていただきます。

日時会場は以下になります。

日時: 2013年6月8日(土)13:30-17:30

内容:
前半:追手門学院大学の河崎さんの提供【2002年,Carl Bereiter著,Education and mind in the knowledge age の12章Why educational reform needs a new theory of mind】の翻訳を利用したジグソー文献読解
後半:東京大学KALSの林さん【Chi, M.T.H., de Leeuw, N., Chiu, M.H., LaVancher, C. (1994). Eliciting self-explanations improves understanding. Cognitive Science,18: 439-477.】の文献紹介

会場:専修大学 神田キャンパス1号館ゼミ45教室
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/kanda_campus.html

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加者には事前に資料をメールでお送りする予定です。参加費は無料です
http://goo.gl/pw5gU

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京未来大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(東京大)

第6回学習科学ワカモノ勉強会

第6回学習科学ワカモノ勉強会

日時: 2013年5月11日(土)13:30-17:30

前半:シュワルツらの研究「未来の学習のための準備」を知る
後半:未定

今回は少し勉強会の進め方を変えます。前半は、学習科学者であるSchwartzらの研究について文献を元にグループ・全体で議論します。第5回では「転移」「熟達化」研究を知る、ということを行いました。その知見を元に、シュワルツらは「未来の学習のための準備」という視点から、今テスト問題に解答できることではなく「未来の学習に役立つ」学習活動についての研究を行なっています。その研究内容についてと、また、そのためにどのような「デザイン研究」手法を導入しているのかについて議論していきたいと考えています。参加のみなさまには、事前に、企画者+参加者有志で翻訳した資料の一部または全部をメールでお送りする予定ですが、日程的には直前になると思います。そのため、下記の資料にざっと目を通していただけますとうれしいです。当日は、日本語訳した資料を手元に、グループに分かれて研究内容について読み込んで議論した上で全体でクロストークを行いたいと思います。前半は参加者からの提案内容を行う予定ですが、内容は未定です。

参考:今回使用する資料
http://aaalab.stanford.edu/papers/Design%20Exp%20readable.pdf
参考:白水先生によるレジュメ
http://oshimalab.cs.inf.shizuoka.ac.jp/atami8/Atami8/Meetings_files/Chap3_Schwartzら.pdf

会場:専修大学 神田キャンパス1号館ゼミ45教室(前回とは建物が異なります。真ん中の細長い建物の4階です)
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/kanda_campus.html

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加者には事前に資料をメールでお送りする予定です。参加費は無料です
http://goo.gl/pw5gU

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京未来大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(東京大)

第5回学習科学ワカモノ勉強会

第5回学習科学ワカモノ勉強会

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京未来大)、
尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(東京大)

日時: 2013年4月13日(土)13:30-17:00

テーマ:学習科学を支える学習理論

内容:
「学習の転移」「熟達化」の学習理論について。
そして授業実践や「21世紀型スキル」との関係について考える。

※「授業を変えるー認知心理学の新たな挑戦」北大路書房、の内容を中心に扱います。

会場:専修大学 神田キャンパス7号館8階782教室(第4回とは違う教室になります)

http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/kanda_campus.html

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。
みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。

http://goo.gl/pw5gU