7月, 2013

【報告】第2回RECLSセミナー

第2回RECLSセミナー無事終了しました。

今回は、神戸大学の山口悦司先生の講演でした。

神戸大学で取り組まれている「WISEを応用した理科の教師教育」について、実際に授業で使ったコンテンツを用いた体験も織り交ぜながら紹介していただきました。

当日のスライドはこちらからダウンロードできます。

WISE(Web-based Inquiry Science Environment)は、以下のページからアクセスできます。

WISE2.0  WISE4.0

今回も熱い議論が繰り広げられました。

国際シンポジウム共催しました

「教員養成等の改善に関する研究」国際シンポジウムの開催について

 

○趣旨

国立教育政策研究所では、平成25~26年度プロジェクト研究として、今後求められる教員像、大学教育像等を明確化し、適切な育成プログラムの開発研究を行うことによって教員養成等の改善を図る上での基礎的資料を得ることを目的とした「教員養成等の改善に関する研究」を実施している。そのうち、「教育方法の革新を踏まえた教員養成プログラム研究班」では、小中高の学校現場で学習者中心の教育を実践し、そこに学部生、大学院生、現場教員を参加させることによって、実践的指導力の育成に成功、あるいは努力している教員養成・研修プログラムを調査することを目的としている。

今回は、この目的に関連する海外からの研究者が来日することを機に、下記の国際シンポジウムを行う。

 

○日時・場所

日時:平成25年7月13日(土)13時~16時半

場所:文部科学省 3階 2特別会議室(中央合同庁舎第7号館東館3階)

http://www.mext.go.jp/new_map/index.htm

 

○次第

13:00-13:10 会挨拶

13:10-14:20

【講演1】Elizabeth Morley(Dr. Eric Jackman Institute of Child Study校長)&

Richard Messina(Dr. Eric Jackman Institute of Child Study副校長)

14:30-14:50

【講演2】木村 優 (福井大学教職大学院准教授)

14:50-15:10

【講演3】益川弘如(静岡大学教職大学院准教授)

15:10-15:30

【講演4】三宅なほみ(東京大学 大学総合教育研究センター教授)

15:30-16:30 質疑応答、全体議論

(英語での発表には適宜翻訳を付す予定)

 

主催:国立教育政策研究所

共催:東京大学CoREF, 静岡大学RECLS, 教師教育改革コラボレーション

第3回RECLSセミナー

静岡大学学習科学研究教育センター主催
学習科学研究セミナーのお知らせ

静岡大学では,教育学研究科に学習科学研究教育センター (Research and Education Center for the Learning Sciences) をH25年度に設置しました.RECLSのミッションは大きく二つあります.
(1) 学習科学をベースにした教育実践を支援すること,
(2) そして学習科学という研究領域をより広く教育関係者諸氏に理解していただくことです.
こうしたミッションのもと,RECLSでは年に4回程度学習科学研究セミナーを開催することになりました.H25年度のテーマは,「教職科目に対する学習科学アプローチ:その理論と実践」です.第三回を下記の要領で開催いたします.参加を希望の方は担当の大島純まで事前登録をお願いいたします.

第三回RECLSセミナー「教職大学院で学習科学を学ぶ教師教育プログラム」(静岡大学,益川弘如)
静岡大学教職大学院では、学習者が自発的協調的に知識を創造していく授業を実践でき,かつ,学校内の同僚に広げていくことができる教師の育成を目指しています.大学院在学中に授業実践できたとしても,各地域の学校に戻った後,伝統的授業文化の中で再び従来型の授業実践に戻っては困ります.大学院での学習成果を実践場面に持ち出し,頼りになり,チャレンジし続け広げていくことができる教師育成を目指したプログラムについて体験活動も交えつつ,取り組みを紹介します.

日時:2013年10月19日(土)14:00-16:30
場所:〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
青山学院大学青山キャンパス総研ビル14603室
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html
参加費:無料(定員40名になり次第,募集を終了します.)
お問い合わせ:大島純(静岡大学大学院情報学研究科,RECLS)
joshima@inf.shizuoka.ac.jp

第8回学習科学ワカモノ勉強会(ザ・夏休みスペシャル!)

第8回学習科学ワカモノ勉強会(ザ・夏休み!スペシャル勉強会)、8月10日開催です。

今回は、夏休みスペシャル勉強会第1弾としまして、国立教育政策研究所を会場に、白水始(しろうずはじめ)総括研究官をゲストにお招きして開催します。

今回も2件を予定しています。前半は、国研の白水さんの提供による「最近私が考えていること」です。学習科学、教員養成、教師教育なんかをキーワードに話題提供していただけると思います。後半は、早稲田大学の奥田さんから、文献紹介をしていただく予定です。なお、会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めの申し込みをお願いします。

暑い夏休み中ですが、熱い議論を交わしましょう!

日時会場は以下になります。

日時: 2013年8月10日(土)13:30-17:30

内容:
前半:国研の白水さんからお話「最近私が考えていること」とディスカッション
後半:早稲田大学の奥田さんから文献紹介

会場:国立教育政策研究所 第一特別会議室(中央合同庁舎第7号館東館6階)
http://www.nier.go.jp/03_laboratory/05_access.html
(休日ですので、東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」11番出口からエスカレータ上がってすぐの1階入り口からお入りください。詳しい入館方法につきましては、申し込みされた参加者宛に別途メールでお送りいたします)

参加方法:以下のフォームから事前申込みをお願いします。参加費は無料です。(定員に達した場合は、締め切らせていただきます。先着順です。)
http://goo.gl/pw5gU

終了後懇親会も予定しています(懇親会の予約を円滑にするため、キャンセルは3日前まででお願いします)。みなさんと交流しませんか?参加は自由です。

企画者:益川弘如(静岡大)、望月俊男(専修大)、北澤武(東京未来大)、尾澤重知(早稲田大)、齊藤萌木(東京大)、舘野泰一(東京大)