RECLSの取り組み

教育活動

学部授業

  • 「学習科学」
    • 子どもたちが授業を通して、「教室の場以外で使え、頼りになり、必要であれば作りなおしつつ維持できる」知識を身につけることができるような様々な授業方法を、人はいかに学ぶかの知見を踏まえつつ考えることができるようになることを目標にします。
  • 「情報科教育法1」
    • 「教育の情報化」に必要な教育学的原則,それに適したテクノロジの利用などについて基礎的な知識を獲得させる講義を行っています.

大学院授業

  • 「教職大学院」
    • 「教育方法開発領域」では、同僚とともに授業を改善し続けることができる、いわば「デザイン研究」を実践できるスクールリーダーを養成することを目標に、カリキュラムをデザインして実践を行っています。
  • 「情報教育カリキュラム設計論(大学院)」
    • 学習科学のデザイン原則に基づいて,授業設計された事例を分析し,その背景にある理論的枠組みの理解を深めるとともに,自分なりの授業設計を検討するオンラインの演習科目です.

教員研修

  • 「学習科学(免許更新講習)」
    • 講習内容:学習科学では「人はいかに学ぶか」「人がうまく学べる条件とは?」という学習理論とそれを基盤とした実践事例を扱います。最新の学習理論を知ることで、いつ、どのような授業形態を取り入れると、子どもたちが最も深く学ぶことができるのかについての知識を身に付けることができます。実践事例では、協働学習やICT活用授業、問題解決型授業などの、多様な最新の授業方法をご紹介します。加えて、校内研修にも役立つ、子どもたちがどこでどれだけ学んでいるのか、学習過程を観察分析評価する方法をご紹介します。

研究活動

  • 「教職科目設計における知識構築アプローチの検討」
    • 21世紀型スキルの獲得を目指した授業設計に必要となるTPACK (Technological Pedagogical Content Knowledge)の基盤を獲得させるために,教職科目の授業をどのように設計すればよいか,知識構築共同体モデルを参照して設計し,実践し,評価・分析して改善するデザイン研究を展開しています.
  •  「共同体の知識発展を評価する社会ネットワーク分析」
    • 知識創造が重要な概念として認識されるようになって,共同体自身が賢くなる,あるいはみんなの知性が高まると言ったプロセスがさらに解明される必要が出てきました.しかし,私たちは未だにこうした集団知の分析のためのツールを持ち合わせていません.最近の複雑系の研究領域でその援用が著しい社会ネットワーク分析を,学びと言う現象にも適用して考えてみようとしています.Knowledge Building Discourse Explorer (KBDeX)という対話の分析ツールの開発と,およびそれを利用した集団知の発展の指標づくりが目的です.
  • 「授業改善力を高める校内研修の開発:協調的授業観察分析法」

社会活動

  • RECLSセミナー
    • 年4回程度東京地区で開催。主として研究者を対象に「教職科目における学習科学アプローチ」について取り組みを紹介しています。
  • 学習科学ワカモノ勉強会
    • 月1回東京地区で開催(RECLSセミナー開催月は休会)。主として学習科学初学者を対象に、学習科学で扱っている学習理論や実践研究、研究方法などについて参加者参加型で勉強会を開いています。
  • 教育委員会・企業との連携
    • 静岡県内外の教育委員会との連携プロジェクト、新たな授業づくり、教員研修プログラムの実施、ICT関連企業との21世紀型スキルを育成する授業づくり等を行っています。