RECLSについて

設置の経緯

教員の資質能力の向上に関して、学習科学の教育及び研究を推進することが求められている。学習科学の教育・研究を推進することにより、(1)教員養成の質の向上(2)教員研修の質の向上を実現する。

組織

教育部門・研究部門の2部門において活動を行う。

  •  教育部門
    • 学部における教員養成
    • 現職教員に対する研修
    • 教職大学院
    • 研修(教員免許更新講習、教育委員会・教育センターとの連携、公開講座など)
  • 研究部門
    • 大学教員による研究
    • 教職大学院・共同大学院における実践的研究
    • 教育委員会・教育センター・小中高等学校等との共同研究
    • 学習科学研究の取り組み支援
    • 学習科学入門者対象の勉強会開催
    • 学習科学研究者育成の支援

スタッフ

  • 益川弘如(センター長)(静岡大学大学院教育学研究科・教職大学院)
  • 村山功(静岡大学大学院教育学研究科・教職大学院)
  • 大島純(静岡大学大学院総合科学技術研究科・情報学専攻)
  • 大島律子(静岡大学大学院総合科学技術研究科・情報学専攻)
  • 塩田慎吾(静岡大学教育学部)
  • 丹沢哲郎(静岡大学教育学部)
  • 磯山恭子(静岡大学教育学部)
  • 遠山紗矢香(静岡大学大学院教育学研究科)
  • 白水始(東京大学CoREF/国立教育政策研究所)(学外協力研究員)
  • 千代西尾祐司(島根大学大学院教育学研究科・教職大学院)(学外協力研究員)
  • 山口悦司(神戸大学大学院人間発達環境学研究科)(学外協力研究員)
  • 北澤武(東京学芸大学)(学外協力研究員)
  • 望月俊男(専修大学ネットワーク情報学部)(学外協力研究員)
  • 河崎美保(大手門学院大学心理学部)(学外協力研究員)
  • 齊藤萌木(東京大学CoREF)(学外協力研究員)
  • 大浦弘樹(東京大学FLIT)(学外協力研究員)
  • 遠藤育男(伊東市立対島中学校)(学外協力研究員)

学習科学研究業績

【書籍】

  • 大島純.(1998).コンピュータ・ネットワークの学習環境としての可能性.佐伯ほか(編),講座・現代の教育:第8巻,情報とメディア.岩波書店.
  • Oshima, J., & Oshima, R. (2002). Coordination of Asynchronous and Synchronous Communication: Differences in Qualities of Progressive Discourse between Experts and Novices. In T. Koschmann, R. Hall, & N. Miyake (Eds.), Computer Support for Collaborative Learning 2: Carrying forward the conversation (pp. 55-84). Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum.
  • 大島純・野島久雄・波多野誼余夫.(編)(2006).教授・学習過程論 −学習科学の展開−.放送大学教育振興会.
  • 大島純.(2007).学習環境形成のデザイン実験.秋田ほか(編),はじめての質的研究法:教育学習編.東京図書.
  • 大島純.(2008). 教師の学びの新しい可能性:デザイン研究という授業のあり方.秋田ほか(編),授業の研究 教師の学習:レッスンスタディへのいざない.明石書店.
  • 大島純.(2008).メタ認知的ツールとしてのCBLEs.丸野(編),現代のエスプリ:【内なる目】としてのメタ認知.至文堂.
  • 益川弘如(2011)「学習科学」電子情報通信学会(編)『知識ベース 知識の森』,S3群11編2章4. p19-23.
  •  益川弘如(2012)「デザイン研究・デザイン実験の方法」 日本教育工学会(監修)清水康敬・中山実・向後千春(編著)『教育工学選書3 教育工学研究の方法』ミネルヴァ書房,177-198.
  • 益川弘如訳(2012)「教育における3つの時代の変化」稲垣忠編訳、Collins, A., Halverson, R.著, 『デジタル社会の学びのかたち 教育とテクノロジの再考』, 北大路書房, 125-141.
  • Oshima, J., Matsuzawa, Y., Oshima, R., & Niihara, Y. (in press). Application of Network Analysis to Collaborative Problem Solving Discourse. In D. Suthers, K. Lund, C. Rose, N. Law, C. Teplovs, & G. Dyke (Eds.) Productive multivocality in the analysis of collaborative learning.

【論文】

  • Oshima, J., Scardamalia, M., & Bereiter, C. (1996). Collaborative learning processes associated with high and low conceptual progress. Instructional Science, 24, 125-155.
  • 益川弘如 (1999), 協調学習支援ノートシステム「ReCoNote」が持つ相互リンク機能の効果, 日本教育工学会論文誌 Vol.23, No2, P.89-98.
  • Miyake, N. & Masukawa, H. (2000), Relation-making to sense-making: Supporting college students’ constructive understanding with an enriched collaborative note-sharing system, Fourth International Conference of the Learning Sciences, 41-47.
  • Oshima, J., Oshima, R., Murayama, I., Inagaki, S., Nakayama, H., Yamaguchi, E., & Takenaka, M. (2002). Design Experiments for Integrating a CSCL technology into Japanese Elementary Science Education. Proceedings of CSCL 2002.
  • Oshima, J., & Oshima, R. (2002). CSCL Design Experiments for Project-based Learning in the Pre-service Teacher Program in Japan. Proceedings of the ICLS 2002.
  • Shirouzu, H., Miyake, N. & Masukawa, H. (2002), Cognitively active externalization for situated reflection, Cognitive science, Vol.26, 469-501.
  • 大島律子・大島純・村山功(2002).CSCL 環境における参加構造の統制と対話ルールの教示が学習に及ぼす効果,日本教育工学雑誌,26(2), 55-64.
  • 大島律子・大島純・田中秀樹(2002).CSCL を用いた高等教育カリキュラムのデザイン実験-知識構築活動を支援する学習環境の構築-,認知科学,9(3),409-423.
  • Oshima, J., Oshima, R., Inagaki, S., Nakayama, H., Yamaguchi, E., Takenaka, M., & Murayama, I. (2003). Teachers and Researchers as a Design Team: Changes in Their Relationship Through the Design Experiment Approach with a CSCL Technology. Education, Communication, & Information, 3(1), 105-127.
  • Oshima, J., Oshima, R., Murayama, I., Inagaki, S., Takenaka, M., Nakayama, H., & Yamaguchi, E. (2004). Design experiments in Japanese elementary science education with computer support for collaborative learning (CSCL): Hypothesis testing and collaborative construction. International Journal of Science Education, 26(10), 1199-1221.
  • 大島純.(2004).最近の学習研究の方法論とその成果.教育システム情報学会誌, 21, 157-167.
  • 益川弘如(2004),ノート共有吟味システムReCoNoteを利用した大学生のための知識構成型協調学習活動支援,教育心理学研究 Vol.52, No3, P.331-343.
  • Oshima, J., Horino, R., Oshima, R., Yamamoto, T., Inagaki, S., Takenaka, M., Yamaguchi, E., Murayama, I., & Nakayama, H. (2006). Changing Teacher’s Epistemological Perspectives: A Case Study of Teacher-Researcher Collaborative Lesson Studies in Japan. Teaching Education, 17(1), 43-57.
  • Oshima, J., Oshima, R., Murayama, I., Inagaki, S., Takenaka, M. Yamamoto, T., Yamaguchi, E., & Nakayama, H. (2006). Knowledge-building activity structures in Japanese elementary science pedagogy. The International Journal of Computer-Supported Collaborative Learning, 1(2), 229-246.
  • 大島律子・大島純・石山拓・堀野良介(2006).CSCLシステムを導入した協調学習環境の形成的評価,-メンタリングを通じた学習環境の解釈と支援-, 日本教育工学会論文誌,29(3), 261-270.
  • 大島純.(2008).最近の認知研究からみたe-ラーニングの可能性.教育心理学年報,47,178-187.
  • 大島純・大島律子.(2009).エビデンスに基づいた教育:認知科学・学習科学からの展望.認知科学, 16(3), 390-414.
  • 大島純・太田健介・新原勇介・大島律子.(2010). 協調学習のプロセスと個人の貢献を測定する試み−発言のネットワークを用いた学習者の対話分析−.日本教育工学会論文誌,33(3),333-342.
  • スカーダマリア,M.・ベライター,C.・大島純.(2010).知識創造実践のための「知識構築共同体」学習環境.日本教育工学会論文誌,33(3),197-208.
  • 大島純・三宅なほみ. (2011). 人ロボット共生学における「知恵の協創」.日本ロボット学会誌, 29(10), 875-878.
  • 大島純. (2011). リフレクションを促す学習環境のデザイン指針.教育システム情報学会誌, 28(3), 253-261.
  • Oshima, J., Oshima, R., & Matsuzawa, Y. (2012). Knowledge Building Discourse Explorer: A social network analysis application for knowledge building discourse. Educational Technology Research & Development. DOI: 10.1007/s11423-012-9265-2.
  • Oshima, J., Oshima, R., & Miyake, N. (2012). Collaborative Reading Comprehension with Communication Robots as Learning Partner. In J. van Aalst, K. Thompson, M. J. Jacobson, & P. Reinmann (Eds.), The Future of Learning: Proceedings of the 10th International Conference of the Learning Sciences (ICLS2012) – Volume 2, Short Papers, Symposia, and Abstracts (pp. 182-186). International Society of the Learning Sciences: Sydney, NSW, AUSTRALIA.
  • Oshima, J., Matsuzawa, Y., Oshima, R., Chan, C. K. K., & van Aalst, J. (2012). Social Network Analysis for Knowledge Building: Establishment of Indicators for Collective Knowledge Advancement. In J. van Aalst, K. Thompson, M. J. Jacobson, & P. Reinmann (Eds.), The Future of Learning: Proceedings of the 10th International Conference of the Learning Sciences (ICLS2012) – Volume 2, Short Papers, Symposia, and Abstracts (pp. 465-466). International Society of the Learning Sciences: Sydney, NSW, AUSTRALIA.
  • Matsuzawa, Y., Oshima, J., Oshima, R., & Sakai, S. (2012). Learners’ Use of SNA-based Discourse Analysis as a Self-Assessment Tool for Collaboration. Int. J. of Organisational Design and Engineering, 2(4), 362-379.
  • Oshima, J. & Oshima, R. (2013). Robot-mediated collaborative learning. SITE 2013 Proceedings, 2341 –2348.
  • 大島律子・湯浅且敏・大島純・上田芳伸(in press)グループ活動を形成的に分析・評価する授業デザインの検討,日本教育工学会論文誌
  • 安斎勇樹・益川弘如・山内祐平(in press)創発的コラボレーションを促すワークショップの活動構成 : アナロジカル・ジグソーメソッドの効果の検討,日本教育工学会論文誌

【紀要】